ハイパーレスキューとは?年収は?採用方法は?

【ハイパーレスキューとは?年収は?採用方法は?】

2月2日に放送される「日曜ビッグバラエティ」。

今回は、「ハイパーレスキュー」が見どころの一つです。

そんな「ハイパーレスキュー」の気になることを見ていきます。

そこで今回は、ハイパーレスキューについてや年収・採用方法についてご紹介していきたいと思います。

ハイパーレスキューとは?

ハイパーレスキューについて、見ていきたいと思います。

ハイパーレスキューは、地震などの大規模災害に対応するために、選ばれた消防官で構成されていて「消防救助機動部隊」という正式名称です。

また、ハイパーレスキューは、ベストオブレスキュー隊とも言うべきか、最高ランクである「特別高度救助隊」に位置していて、唯一東京消防庁にあるのです。

ちなみに、ハイパーレスキューが発足することになったのは、1995年に起こった阪神大震災だと言われています。

そのため、ハイパーレスキューが発足されたのが、1996年と言うことでしょう。

https://twitter.com/R03257810/status/1223562082055909376

ハイパーレスキューの年収は?

ハイパーレスキューの年収について、見ていきたいと思います。

ハイパーレスキューが所属している東京消防庁の平均年収は、750万円前後だといわれています。

この金額は、全国平均の消防士と比べると100万円程高いと言われています。

この100万円の差が、ハイパーレスキューがいることで高いのでは無いでしょうか。

それだけ、金額に現れた活躍をすることは間違い無いでしょう。


https://twitter.com/Nara_Layna/status/1219544282182246400

ハイパーレスキューの採用方法は?

ハイパーレスキューの採用方法について、見ていきたいと思います。

その前に、レスキュー隊になるには消防官である必要があり、入隊試験があります。

では、そのレスキュー隊の上に位置しているハイパーレスキューの採用方法を見ていきたいと思います。

簡単に言えば、レスキュー隊に比べて大規模災害用の技能が必要になります。

どういうものかと言うと、重機だったり救命救急士などの資格など、特別な技能を持っているメンバーが選抜されています。

つまり、少数精鋭であることから、レスキュー隊の中でも選ばれし戦士と言ったところでは無いでしょうか。

https://twitter.com/Nara_Layna/status/1219544282182246400


https://twitter.com/nekojirou_v6jun/status/583758403954053123

ハイパーレスキューとは?年収は?採用方法は?まとめ

地震などの大規模災害に備えて、構成されたハイパーレスキューについて、見てきました。

ハイパーレスキューは、東京消防庁にしかない、ベストオブレスキュー隊ということが分かりました。

また、年収は東京消防庁の平均値を100万円引き上げる程です。

それだけに、過酷でありながらも少数精鋭で日本を激甚災害から守っているのです。

 

ハイパーレスキューとは?年収は?採用方法は?

 

について、まとめてみました。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

また、お気軽に当ブログに遊びに来てくださいね!