国際捜査官とは?年収は?採用方法は?

【国際捜査官とは?年収は?採用方法は?】

2月2日に放送される「日曜ビッグバラエティ」。

今回は、「国際捜査官」が見どころの一つです。

そんな「国際捜査官」の気になることを見ていきます。

そこで今回は、国際捜査官についてや年収・採用方法についてご紹介していきたいと思います。

国際捜査官とは?

国際捜査官は、外国人を相手に犯罪捜査を行うスペシャリストで、中国語や韓国語などは勿論のこと、ロシア語なども駆使します。

外国人相手と言うことで、通訳をすることもありますし、外国語を使用して取り調べなどの操作も行います。

国際捜査官は、全国の海上保安官から適性などを踏まえ、語学研修に選抜されます。

その後、研修を修了し、晴れて国際捜査官になることができます。

国際捜査官は、薬物などの密輸を未然に防ぐことで、日本での犯罪を減らすことが目的です。

ちなみに、男性だけに限らず、女性も活躍しています。


https://twitter.com/usaeruRC63kk/status/1141251651614867456

国際捜査官の年収は?

国際捜査官は、海上保安官の一つですので、国家公務員です。

つまり、給料はある程度法律で決まっているのです。

国際捜査官は、公安職なので国家公務員よりも給料は高めに設定されていますし、様々な手当てがつきます。

しかしながら、年収と言う点では、残念ながら公表されていませんでした。

参考にする数字としては、勤続20年程度の大卒では月収40万円前後と言われています。

それでも、手当や号俸、ボーナスなどを加えると年収は1,000万円に到達することもあるのでは無いでしょうか。

国際捜査官の採用方法は?

国際捜査官になるためには、どうしたら良いのか真相を見ていきたいと思います。

国際捜査官になるには、海上保安官になる必要があります。

そのためには、海上保安大学校か海上保安学校を卒業し、海上保安官として採用されなくてはなりません。

そのためには、中卒では入学できないため、少なくとも高校などの卒業が必須となります。

とは言え、国際捜査官には外国語が絶対に必要となることから、早い段階から国を絞って言葉を覚えることが大事でしょう。

取り敢えず、国際捜査官になるためには高校などを卒業し、得意な外国語を作っておくことが第一歩でしょう。

国際捜査官とは?年収は?採用方法は?まとめ

外国人を相手に犯罪捜査を行う国際捜査官について、見てきました。

国際捜査官と言うだけあって、外国語を駆使して取り調べなどを行うことが分かりました。

また、薬物などの輸入されることが数多くあることから、未然に防ぐことも大事な仕事だということも分かりました。

そのため年収が気になりますが、残念ながら正確な数字は公表されていませんでした。

しかしながら、基本給に加えて手当などが数多く出ることが分かりました。

国際捜査官になりたいと思ったら、まずは海上保安学校入学を目標に頑張ると良いでしょう。

 

国際捜査官とは?年収は?採用方法は?

 

について、まとめてみました。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

また、お気軽に当ブログに遊びに来てくださいね!