警察航空隊とは?年収は?採用方法は?

【警察航空隊とは?年収は?採用方法は?】

2月2日に放送される「日曜ビッグバラエティ」。

今回は、「警察航空隊」が見どころの一つです。

そんな「警察航空隊」の気になることを見ていきます。

そこで今回は、警察航空隊についてや年収・採用方法についてご紹介していきたいと思います。

警察航空隊とは?

警察航空隊は、読んで字のごとく航空機を用いて警察の活動をしています。

航空機はヘリコプターなどを使用していて、各都道府県によって使用している航空機はバラバラです。

つまり、一定の同一機種を各都道府県で使用しているわけでは無いのです。

警察航空隊がどのような任務をしているのか気になるところですので、真相を見ていきたいと思います。

パトロールなどの警ら活動は勿論のこと、犯人の捜索や追跡もしますし、交通状況の調査などの活動も活発的に行っています。

また、最近ではテロの対策が急務なことから、テロ対策に特化したヘリコプターも用意されているのです。


https://twitter.com/Mpp_mie/status/1052064343456542720

警察航空隊の年収は?

警察航空隊の年収について、見ていきたいと思います。

警察航空隊といっても、結局のところ警察官ですので、1,000万円前後の年収だと言われています。

空の上から日本の安全を守るため、大事な役割を担っていることは間違い無いでしょう。


https://twitter.com/JAA_INFO/status/1118429016694726657

警察航空隊の採用方法は?

警察航空隊は、各都道府県の警察本部に所属しているので、警察官ということになります。

警察官になるためには、公務員試験が必須となります。

公務員試験は、17歳から受験が出来ますので、高卒でも十分にチャンスがあるのです。

また、公務員試験に合格したからと言ってすぐに警察官になれるわけでは無く、警察大学校に入学する必要があります。

卒業までには大卒で6か月、高卒で10カ月必要となり、全寮制で警察官になるためのイロハを学びます。

つまり、警察航空隊になるためには、まずは警察官になることが第一歩です。

警察航空隊とは?年収は?採用方法は?まとめ

航空機を用いて警察の活動をする警察航空隊について、見てきました。

警察航空隊は、空からヘリコプターなどを使って任務していることが分かりました。

また、年収は1,000万円前後だということも分かりました。

最近ではテロが増えていることから、テロ対策に特化しているヘリコプターがあることも分かりました。

 

警察航空隊とは?年収は?採用方法は?

 

について、まとめてみました。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

また、お気軽に当ブログに遊びに来てくださいね!